スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑の中の汗だく登山。でも、山頂は涼風が。ヒグラシの鳴き声に寂寥感も――鍋割山 

カテゴリ:山行 丹沢

7月15日、丹沢・鍋割山に3人で登ってきました。

この連休、鳳凰三山、南八ヶ岳にそれぞれヤマニテの仲間(Oさん、Tさん)が単独で入っていましたが、私たちは安・近・短、そして低・暑・汗の日帰り路線。おじさんメンバー(はせ、ヤマ、ハーリー)3人のお気軽旅でした。

19989617_1422796351141864_6267168309773343996_n[1]

表丹沢県民の森に車を停め、櫟山→栗の木洞→後沢乗越→鍋割山のコースで登りました。

「こんなに晴れなくていいのに!」というくらい晴れて、気温もぐんぐん上がる真夏日激暑のなか、大いに汗をかき&絞りの登山でした。

山頂に着いて、そこはさすがに1200mの稜線。吹く風にそこはかとなく涼しさが。目をつぶれば八ヶ岳や鳳凰三山の森林限界から上の世界にいるような(それほどでもないか)。

鍋割山荘名物・鍋焼きうどん(1000円の)は今回ヤマさんとハーリーはパス。私だけ食べました。タイミングが良かったのか、あまり待たないで食べられました。

とても具だくさんな中で、かぼちゃの天ぷらがいい味出してるなぁ、と(今回も)思いました。甘い味付けも疲れた体にGOODです。
20046521_1422796614475171_3241392762481418749_n[2]


20106677_1422796694475163_2255012345080187108_n[2]

下りは後沢乗越まで往路をたどり、そこから二俣→表丹沢県民の森と帰ってきました。

ヒグラシがあちこちで鳴いていました。寂寥感あふれる蝉の声。夏の終わり、夏休み終了まであと○日。宿題終わってない、夏の思い出も作れてない、あの焦燥感を思い起こさせるうら寂しさ。本人?にそんな意図はないかもしれないけど、役者やのーと思いました。

下山後は渋沢のスーパー銭湯・湯花楽で汗を流し、秦野の居酒屋しゃかりきへ。明るいうちから飲めて、まるで昼のセント酒みたいでした。

「申し訳ない!」

(はせ)

表丹沢県民の森8:55―櫟山9:35~9:45―栗の木洞10:00―後沢乗越10:30―山頂11:40~12:35―後沢乗越13:20―登山口13:35―二俣13:55―県民の森14:15
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。