スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグルー泊雪山登山、やってみたい!――米山悟「冒険登山のすすめ: 最低限の装備で自然を楽しむ 」 

カテゴリ:本の紹介

読みました。

「冒険登山のすすめ: 最低限の装備で自然を楽しむ 」(米山悟著、ちくまプリマー新書)

51QK2Grbl3L[1]

本書の前半は一般的な山登りの魅力の解説と案内ですが、後半、焚き火やイグルー作り、山スキーなど一歩進んだ冒険登山のガイドに。

登山道や道標が整備された山は公園と同じ。そこから一歩踏み出そう、と著者は言います。沢、岩、雪山の世界ですね。

特に雪山でのイグルー作りについてはかなりページを割いて詳しく解説しています。
イグルーの長所を著者はこう述べています。

「豪雪でつぶされるテントのように深夜の雪かきの必要がありません。中は雪洞のように暗くなく、ほどよい明るさです。ブロックの隙間に適度に穴があいているので、テントや雪洞のように酸欠の心配もなく、雪洞特有の湿気も溜まりません」

それでいて、雪洞と同じく気温が0度くらいと暖かいといいますから、いいことづくめですね。

コツはテントを持っていかないこと、と著者。うまく作れなければテントを使えばいいや、という退路を絶って、真剣勝負で作成に臨むこと、と。

なるほど。ぜひ実践してみたいものですが、でも、勇気がいるな〜。

ほかにも野糞のすすめ、無雪期は地下足袋で、など興味深い内容が。

著者はNHKのカメラマン。在籍した北大山岳部は、シゴキのない民主的な気風で、バイオニア精神にあふれた部だったそうです。

ナイフやノコギリ、スコップなど、お薦めのブランドも含めた購入ガイドも参考になりました。

(はせ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。