FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉狩り@伊豆葛城山 

カテゴリ:山行 伊豆、熱海、湘南

 12月の上旬に単独行(ひとり)で中伊豆の「葛城山」→「発端丈山」を歩いてきました。

1 (2)
おせちもいいけどカレーもね
 ↑このメロディを知らない人も多くなったのでしょうね(^_^;)

 「葛城山」へはこれまで3度登っており、初めて登ったのは2007年11月初旬で、「伊豆箱根鉄道 駿豆線」の「大仁」駅から「城山」を経るルートで登りました。
 このときは愚妻が一緒だったので、「発端丈山」までは行かずに、「葛城山」の山頂からゴンドラリフトで麓の「伊豆長岡温泉郷」へ一気に下り温泉に浸かって帰りました。

2 (2)
↑「葛城山」からの眺望
  はせさん&Aさんが登られたときに比べ富士山の雪が増えました

 2度目に登ったのは2年後の2009年12月下旬、このときも「城山」経由でしたが、途中から「葛城山背面登山道」(←登山地図には掲載のない急登のルートでしたが、その後廃道になってしまったようです)に入って「葛城山」の山頂へ登りました。
 またも「発端丈山」へは登らずに(^_^;)、山頂から「小坂みかん園」を経由するルートで下り、伊豆長岡温泉郷へ直行しました。
 
3 (2)
↑「葛城山」山頂の「空中公園」ではキレイな紅葉がまだ見られました

 その後しばらくご無沙汰をしておりましたが、2015年10月12日の「城山~葛城山~発端丈山ハイキング」のはせさんの記事の写真を見て、久しぶりに登ってみようと思い立ちました。 

22 (2)
↑静かな「発端丈山」の山頂

 3度目となる今回は「城山」には登らずに、「伊豆箱根鉄道 駿豆線」の「田京」駅から「小坂みかん園」を経由するルートで登りました。
 温暖な伊豆の山のため、12月の初旬にようやく紅葉が見頃を迎え、山頂にある「空中公園」のボードウォーク(散策路)ではキレイな紅葉を楽しむことができました。

5 (2)
↑下山後、伊豆長岡温泉郷に立ち寄り“どっぷりまったり”

 山頂にある“絶景処 みはらし茶屋”で、新名物の「富士山カレー」をいただいた後、「発端丈山」を経て西伊豆の「三津(みと)浜」へと下り、バスに乗車して「伊豆長岡温泉郷」へ移動し、「ホテルサンバレー伊豆長岡」に立ち寄って汗を流して家路に着きました。

 「三島」駅で、はせさんが記しておられた「山から下りて入る店40 沼津 魚がし鮨 三島北口店」に立ち寄り、旨い鮨を肴に静岡麦酒生ビールを飲みたかったのですが、ちょうどこの日は愚妻の誕生日と重なり、途中でケーキを買って早く帰らなければならなったため、後ろ髪をグイグイと引かれつつも、駅の売店で缶ビール&乾き物のツマミを購入し電車に乗り込んだのでした。

 JIN記

(追記)
 このところ膝の調子が悪い状態が続いていたのですが、「伊豆葛城山&発端丈山」の後、膝がひどく痛むようになってしまい、階段の上り下りが難儀になってしまいました。
 強い痛みは一時的なものかと思っていたのですが、最近では椅子から立ち上がるときでさえも膝がズキっと痛むようになってしまいました。
 膝軟骨が擦り減ってしまったのではと勝手に思い込み、コンドロイチンやらグルコサンミンやらi HAやらの膝に良いと云われるサプリメントを慌てて飲み始めましたが、あまり芳しくありません。
 これまでも、山歩きは「もっぱら低山逍遥」だったのですが、今後はいよいよ(というか、とうとう)「もっぱら低地徘徊」となりそうです(^_^;)
 カラダの調子が思わしくないと、山を歩くのはなかなかツライですね‥(T_T) 

 ↓「続き」に写真があります
6 (2)
↑「小坂みかん園」から望む葛城山

7 (2)
↑「小坂みかん園」の上部から眺めるみかん畑

8 (2)
↑「葛城山」の中腹から眺める富士山

9 (2)
↑中腹から山頂にかけてキレイな紅葉が楽しめました↓
10 (2)

11 (2)
↑途中、ゴンドラリフトの下を2回くぐります

12 (2)
↑山頂近くから俯瞰する東側山麓の狩野川の流れ

13 (2)
↑「葛城山」山頂から眺める富士山&駿河湾

14 (2)
↑駿河湾の先には「南アルプス」の白い峰々も遠望できました

15 (2)
↑山頂にある「絶景 富士見の足湯」

16 (2)
↑せっかくなので浸かりました

17 (2)
↑山頂の空中公園」のボードウォーク(散策路)

18 (2)
↑ちょうど紅葉が見頃を迎えていました

20 (2)
↑「葛城山」から「発端丈山」への途中でも紅葉が楽しめました

21 (2)
↑快晴無風の穏やかな天気に恵まれ、夕方まで富士山は雲に隠れませんでした

23 (2)
↑「発端丈山」の山頂からも素晴らしい富士山と駿河湾の眺めが楽しめました

24 (3)
↑「三津浜」へ下る途中のビューポイントからの眺め

25 (2)
↑下るにつれて海に浮かぶ「淡島」が近くに感じられるようになります

26 (2)
↑沼津市街地と富士山 右手前の山は沼津アルプスです

27 (2)
↑風光明媚な「三津浜」に無事下りつきました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。