FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってみたくなる!山のふもとの店紹介本――清野明「山を下りたら山麓酒場」 

カテゴリ:本の紹介

本屋でこの本を見かけて、つい買っちゃいました。

「山を下りたら山麓酒場」(清野明著、交通新聞社刊)

10221605_56288aa131db3[1] (200x284)

帯に「下山後に寄りたい東京近郊珠玉の38軒+α」とあります。――そう、山から下りて入る店のガイド本です。

ヤマニテのブログでやってる「山から下りて入る店」シリーズ、本にできないかな、とひそかに野望を抱いていた私ですが、うう、先を越されてしまった。

紹介されている店の中で私が入ったことがあるのは、渋沢の「いろは食堂」、大倉の手打ちそばの店「さか間」、西武秩父駅前の「駅前」の3軒のみ。

以前ヤマニテのブログで紹介した「久住昌之のこんどは山かい!?関東編」(久住昌之著、山と渓谷社刊) で紹介されている下山後の店が、かなりこの本とかぶっているので、久住氏が「旧知の編集者の勧めで山岳雑誌の企画で山に挑んだ」と言っている「編集者」が清野明氏なのかもしれません。

かぶっているのは宇佐美駅前の「ふしみ食堂」、真鶴の「丸入水産」、奥多摩の「小料理みやぎ」、鋸山近くの「さすけ食堂」。

いずれもなかなか面白そうな(おいしそうな)店揃いです。行ってみたーい!

大磯の「めしや大磯港」は「港に隣接する大人気の漁協直営店で、揚がったばかりの新鮮魚介を堪能」…だとか。ここはウチから遠くないし、今度ぜひ行ってみなきゃ!

はせ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。