FC2ブログ

「世界一登山者の多い山」の麓に開湯した温泉へ 

カテゴリ:山から下りて入る温泉

 10月末の平日、「小仏城山東尾根コース」(←先の「芋煮会」の際にトムさんから教えていただいたルート)を登り、城山から高尾山を経て稲荷山コースを下って、「京王高尾山温泉 極楽湯」に立ち寄りました。 

0_20151030181337986.jpg
↑建物は和テイストの造りになっています

 「京王高尾山温泉 極楽湯」は、京王「高尾山口」駅のすぐ近くにオープンした新しい温泉施設です。
 当初の予定では2013年にオープン予定でしたが、岩盤が固く掘削作業に時間がかかるなどの理由により2度の延期を経て、この秋にようやく開湯となりました。
 10月27日のオープニングセレモニーでは、京王電鉄のゆるキャラ“けい太くん”や、“プラットガール 高尾かえで”こと横田美紀さんが参加され、テープカットが行われたそうです。

 1_20151030181339432.jpg
↑露天岩風呂の「ぬる湯」

 「高尾山口」駅からのアプローチは、駅構内に新設された専用連絡通路を通って線路の下をくぐり、階段を上がるとすぐ目の前が「高尾山温泉」なので、雨天でも傘いらずで非常に便利です。(←ただし、「駅から近い」のは良いことばかりというわけでもなく、まったり静かに湯に浸かっていると時折駅のホームから発車のベルの音がかすかに聞こえてきてしまうのは、さすがにちょっと興ざめでした(^_^;)←もちろん、露天風呂から駅のホームが見えないようにはなっています)
 スーパー銭湯「極楽湯」のフランチャイズ店なので、“健康ランド”的な「高尾の湯 ふろッぴィ」ほど施設の規模は大きくありませんが、風呂場や食事処などはまずまずのスペースが確保されています。
 奥多摩の帰りに立ち寄ることの多い「河辺温泉 梅の湯」とほぼ同じくらいの広さはありそうなカンジでした。←※個人の感想です(実際に延床面積を比較したわけではありません(^_^;)

2_20151030181340096.jpg
↑こちらは「露天炭酸石張り風呂」 細かい泡がシュワシュワです

 鉄道会社である京王電鉄がフランチャイジーなので、入浴料や飲食など館内の支払に鉄道系電子マネー「パスモ」が使用できます。
 また、靴箱やロッカーなどもコインレスなので煩わしさがありません。
 ちなみに、洗い場は隣との間仕切りのあるブースタイプのものが33(他にシャワー専用ブースが2)ありました。
 また、脱衣所のロッカーは108ありましたが、残念ながら大きいサイズのものがないので、登山用のザックは収納が難しいと思います(←デイパック程度であれば、なんとか収納可)
 ※上記はすべて「男湯」の状況です

3_20151030181341258.jpg
↑館内の食事処で風呂上りの「大生麦酒」をいただきました

 肝心の温泉は、無色透明の湯(アルカリ性単純温泉)で特にこれといった特色はありませんが、露天風呂は「あつ湯」と「ぬる湯」の2種類の岩風呂があり、また、「露天炭酸石張り風呂」では全身が炭酸シュワシュワの泡に包まれる面白い入浴を楽しむことができました。
 なお、「寝湯」ならぬ「座り湯」というものもありましたが、お湯に浸かっている表面積が少ないため、冬季は湯冷めしてしまうのでは‥と思われます。(←もしかしたら、この風呂の用途はお湯で火照ったカラダをゆっくりと冷やすためのものなのかもしれません)

4_20151030181343e99.jpg
↑なめこおろしそば(開湯記念キャンペーンで680円→500円)もいただきました 

 オープンしてまだ間もないこともあり、平日(金曜日)の午前10時20分~午後1時という時間帯でも結構混雑していました。
 入口にいたスタッフの方の話では、オープンして初めてとなる週末は「入場制限することになるかも‥」とのことでした。(←ちなみに、オープン初日は入場整理券が配布されたようです)
 
 「世界一登山者の多い山」の麓に開湯した温泉なので、当分の間、週末は大混雑が予想されますが、駅から至近というバツグンのロケーションに加え施設も新しく清潔で、入浴料は決して安くはありませんが妥当な料金設定(通常期は税込1,000円)なので、休憩スペースが狭いという残念な点を差し引いても、混雑さえしていなければ(笑)なかなか良い温泉施設だと思います。 

 JIN記

(追記その1)
 京王バスでは、「小仏」や「日陰」などのバス停から「京王高尾山温泉」へ乗換なしでダイレクトにアプローチできるようにと、土日祝日の午後限定ながら京王「高尾山口」駅への新規バス路線を10月31日(土)から開設しました。
 ちなみに、ワタクシが小仏城山へ登る際に、「高尾駅北口」から「日陰」バス停まで乗車した「小仏」行きの京王バスは、外装に高尾山をイメージしたラッピングが施され、内装も木目調で「降車ボタン」に天狗のイラストがデザインされている“高尾山特別仕様車”でした(笑)

 
19_2015103018165310b.jpg
↑遊びゴコロ満載の“高尾山特別仕様車”の降車ボタン
 ボタンを押すと「法螺貝」の(ような)音が車内に鳴り響く凝りようです(^_^;)

(追記その2)
 オープン最初の週末(10月31日及び11月1日)はかなり混雑し、両日とも午後の時間帯に入場制限が行われたようです。
 これまで「高尾山口」駅の周辺には日帰り温泉施設がなかったため、新設された「京王高尾山温泉 極楽湯」は“大繁盛”(←京王電鉄では年間約40万人の利用を見込んでいるそうです)となっていますが、なにせ高尾山は年間登山者数約260万人の「世界一登山者の多い山」ですので、「需要」に「供給」が追い付かない状況は今後も続くものと思われます。
 ハーリーさん、トリックアート美術館あたりのヤナギの木の下では、まだまだたくさんのドジョウが捕れそうですよo(^-^)o

(追記その3)
 リニューアルされた京王「高尾山口」駅のデザインがあの隅研吾氏であったことを、恥ずかしながら新国立競技場の一件で知りました(^_^;)>

 ↓「続き」に写真があります
5_20151030181423a15.jpg
↑駅のすぐ隣なので、ホームの上からでもよく見えます

6_20151030181425716.jpg
↑「高尾山口」駅の構内から専用連絡通路が新設されました

7_20151030181426eb7.jpg
↑入口から線路の下をくぐり、駅の反対側へ

8_20151030181428c8b.jpg
↑登山者の利用を想定してか大きめの靴箱なので、登山靴も余裕で収納できます

9_2015103018142902b.jpg
↑鉄道会社である「京王」の名を冠した温泉なので、館内は「パスモ」が使えます

10_201510301815277bd.jpg
↑脱衣所のロッカーは、デイパック程度しか収納できません

11_2015103018152841f.jpg
↑露天風呂の中で一番大きい天然温泉岩風呂(全景は入浴者が多く撮影できませんでした)

12_20151030181530561.jpg
↑「露天炭酸石張り風呂」は全身が細かい泡に包まれます

13_201510301815318ea.jpg
↑オリジナルのシャンプー類
 (ノンシリコン・ラウレス硫酸フリー・アルガンオイル配合なのだそうですが、よくわかりません(^_^;)

14_20151030181533637.jpg
↑「食事処」はセルフサービスで、フードコートのように注文時に呼び出し用のベルが渡されます
 (写真は空いているときに撮影したもので、お昼頃には満席となり空席待ちの列ができました)

15_2015103018164807b.jpg
↑「食事処」でも「パスモ」が使えます

16_20151030181649d99.jpg
↑「なめこおろしそば」は、出来上がるまで20分以上待ちました(^_^;)
 注文が多すぎて、厨房も“てんやわんや”状態だったようです

17_20151030181650a9c.jpg
↑キャンペーン価格につられて食後のデザートにソフトクリーム(280円→150円)もいただきました

18_20151030181651fd6.jpg
↑駅から近いというのは、やはりラクで便利ですね
 (ちなみに「食事処」から駅のホームまで約3分で移動できました)

P1220510.jpg
↑開湯記念プレゼントでオリジナル入浴剤をいただきました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)