FC2ブログ

紅葉狩り@奥那須 Ⅰ 

カテゴリ:山行 那須

 シルバーウィークに、単独(ひとり)で日帰りで紅葉の奥那須を歩いてきました。

1_20150922193742e15.jpg
↑那須茶臼岳

 今年のSWは大型の5連休でしたが、ワタクシは休日が2日間しかなかったため (T_T)、弾丸日帰り日程で一足早い紅葉を見ることができる奥那須へと出かけたのでした。

2_201509221937443f9.jpg
↑「姥ヶ平」ではすでに紅葉が始まっていました

 奥那須を訪れるのは、5年前の2010年の秋にYさんがリーダーとなって実施された「紅葉と露天風呂とランチの山行」に参加して以来でした。
 Yさん、Mさん、Wさん(元会員)等、同行の女性の皆様と三斗小屋温泉「煙草屋旅館」の混浴露天風呂に浸かりながら星空を眺めたことが、何故か遥か昔の「遠い想い出」のように感じられます(笑)

 
3_201509221937094e2.jpg
↑「姥ヶ平」全体では4~5割程度の色づきでした

 そのときはすでに10月も半ばを過ぎていたため、姥ヶ平の紅葉はすっかり終わっていましたが、三斗小屋温泉の周辺ではキレイな紅葉を楽しむことができました。

 
4_201509221937105db.jpg
↑秋の空は高く感じます

 今年は秋の訪れが早く、紅葉の名所である北アルプスの涸沢では平年より早く「9月22日には見頃」(←涸沢ヒュッテHPの情報)となったようですが、那須「姥ヶ平」でも色づきは平年より一週間ほど早いとのことです。(←那須ロープウェイHPの情報より)

5_20150922193711882.jpg
↑「姥ヶ平」の「ひょうたん池」周辺の紅葉はこれからというカンジでした

 
 奥那須でも一番早く色づく「姥ヶ平」ですが、「それでもまだ少し見頃には早いかな‥」と思いつつ出かけたのですが、そこそこ見頃を迎えつつあったのは幸いでした。
 茶臼岳の山頂は登山者よりも行楽客の方が多く、たくさんの人でごったがえしていましたが、「姥ヶ平」まで足を延ばす人は意外に少なく、ゆったり静かに紅葉を愛でることができました。 

 JIN記

(追記)
 紅葉の名所といわれるところでは、この時季はどこも混雑が激しく現地への往復だけでも「げんなり」としてしまいますが、那須高原も例外ではなく、30分遅れでやってきた帰りのバスは通常1時間少々で那須塩原駅に着くところを、倍の2時間30分をかけてゆっくりのんびりと下ったのでした(^_^;) 

 ↓「続き」に写真があります
6_20150922193713087.jpg
↑時間短縮のため登りはロープウェイを利用し、牛ヶ首との分岐から山頂を目指します

7_20150922193714be3.jpg
↑大きな岩が無数にころがる茶臼岳山頂部

8_20150922193627f68.jpg
↑山頂  眼下にはすでに色づきはじめた姥ヶ平が見えます

9_20150922193628f52.jpg
↑白煙たなびく茶臼岳山頂部西側の「無限地獄」

10_20150922193630697.jpg
↑「牛ヶ首」から茶臼岳山頂を望む

11_201509221936310e5.jpg
↑「姥ヶ平」からの茶臼岳

12_20150922193633b56.jpg
↑「姥ヶ平」の紅葉

13_201509221935373f0.jpg
↑“自然の庭園“のような「姥ヶ平」

14_201509221935391ed.jpg
↑色づく「姥ヶ平」の秋

15_20150922193540ce2.jpg
↑荒々しい朝日岳 このあたりの紅葉はまだこれからというカンジでした

16_20150922193541b8b.jpg
↑下山後、山のいで湯の「大丸温泉」でまったり

17_2015092219354309b.jpg
↑風呂上りに生ビールでさらにまったり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)