FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の鍋割山、12月にあった人と再開 

カテゴリ:山行 丹沢

1月の12日だったか、鍋割山に「秦野のいにしえ文学青年」と行ってきました。
このところ、彼はなかなか丹沢を出てこようとしないのですが、それならと鍋割山で
鍋焼きうどんを、ということで、病み上がりの体に鞭打って決めたのでした。
車止めまで「文学青年」のマイカーでいく。小生と同じ中年になって運転免許を
手に入れた文学青年、最近はかなり上達した感じです。

IMGP2327.jpg

かすかに雪の残る杉林を登ってゆく。意識的にはーはー言いながら
呼吸を整えて登る。

IMGP2328.jpg

後沢乗越に出る。何を物思うか文学青年、御歳数十年は過ぎているはずだが、
馬力も頭も衰えを見せないなー、うらやましいな~。

IMGP2331.jpg

どんどん高度を稼いでゆくが、年末の風邪で体調を壊し、調子が上がらない、
しんどいなーと思いながら、ようやく登って行く。

IMGP2334.jpg

最後の階段状になっているところまできた。
頂上はもうすぐだ。

IMGP2335.jpg

上は次第に泥状態、慎重に足を運ぶ。

IMGP2337.jpg

空は青く、気持ちいい。

IMGP2338.jpg

お決まりの鍋焼きうどん、1000円だが、具も味も納得、小屋から運んでくれた文学青年に感謝。
ここで、12月にお会いした女性と偶然の再会。びっくりしたー。
関東のいろんな山がる中で、たまたま同じ日に同じ山で出会うなんて。早めに
また連絡を取り合おうってことで、SEE YOU AGAIN.

IMGP2342.jpg

こちらの方面に富士が見えるはずだったのだが。残念。

IMGP2347.jpg

帰りは車の関係でもと来た道を戻る。
日差しがまだ弱い。

偶然の再会でびっくり。入会お待ちしています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。