FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草紅葉輝く尾瀬ヶ原へ 

カテゴリ:山行 日光・尾瀬

 9月の末に草紅葉の尾瀬ヶ原をひとり(単独行)で歩いてきました。

1_20130930114947ff9.jpg
↑朝靄に浮かぶ燧ケ岳

 先月(8月)下旬に「尾瀬至仏山」に登り、山頂から眺めた尾瀬ヶ原は、秋の気配が漂っていたとはいえ、まだ全体的には緑色でしたが、このひと月の間にすっかり秋の装いに衣替えしていました。

2_20130930114948b1d.jpg
↑朝陽を浴びて黄金色に輝く湿原 奥の山は至仏山

 一時期、「尾瀬」とは相性が悪いときがあり、訪れる度に冷たい雨にたたられていましたが、昨夏の燧ケ岳今夏の至仏山と、最近はすっかり相性が良くなり、訪れる度に良い天気に恵まれています。←いずれも単なる偶然だとは思いますが‥(笑)

3_2013093011494922b.jpg
↑黄葉するシラカバの木(「竜宮」付近)

 この日も朝から雲がまったくないとても良い天気となりましたが、その分放射冷却も効いて、明け方頃はとても冷え込みました。(帰宅後に、ネットで尾瀬保護財団のブログを確認したところ、この日の朝の最低気温は、2.2℃でした)

4_20130930114950425.jpg
↑池塘に浮かぶヒツジグサも紅葉していました

 朝こそ冷え込みが厳しかったものの、その後は陽が登るにつれて次第に暖かくなり(午前9時の気温11.9℃、この日の最高気温20.3℃←尾瀬保護財団のブログより)、快晴無風の秋晴れに恵まれて、気持ちの良い湿原散策を楽しむことができました。

逆さ燧
↑池塘に映る「逆さ燧」

 当初の計画は、散策しながら尾瀬ヶ原を一周して、本日のスタート地点である群馬県側の登山口の「鳩待峠」へ戻る予定でしたが、あまりに良い天気に恵まれたため調子に乗ってしまい(^_^;)、燧裏林道を通って福島県側の登山口である「御池」へ縦走するルートへ変更しました。

6_20130930115348a95.jpg
↑一部の木々が紅葉していました

 約7年ぶりに歩く燧裏林道は、湿原に比べると色づいているのはまだ一部の樹木にとどまり、全体的には“まだこれから”というカンジでしたが、点在する「西田代」や「横田代」では“ようしこれから”というカンジでした。

7_20130930115350421.jpg
↑燧裏の横田代では、木々の紅葉が始まりつつありました

 燧裏林道はさほどアップダウンのない山道ですが、それまでほぼ平坦な尾瀬ヶ原の木道ばかりを歩いてきたせいか、思いの外きつく感じられ、鈍り切ったカラダへのダメージがボディブローのようにジワジワと効いてきて、歩程18.4kmの終着点である「御池」に着くころには、すっかりヘロヘロになってしまいました(^_^;)>
 いつものことですが、下山後に冷えたビールで乾いたノドとカラダをウルウルに潤したのは、言うまでもありません(笑)

 JIN記

 ↓続きに写真があります
8_20130930115351f98.jpg
↑朝靄の中、朝陽を浴びて至仏山が姿をあらわします

9_20130930115352db1.jpg
↑真っ赤に紅葉したヤマドリゼンマイ

10_2013093011535373f.jpg
↑風がないため、池塘が水鏡となります

11_20130930115710b84.jpg
↑至仏山手前のこんもりとしたところが「牛首」です

12_20130930115711be3.jpg
↑池塘とシラカバの木

13_20130930115712158.jpg
↑登頂記念写真ではないため、少々手持無沙汰気味です(笑)

14_201309301157136fe.jpg
↑燧ケ岳へと伸びる尾瀬ヶ原の木道

15_201309301157149b2.jpg
↑気持ちの良い風景が広がります

16_20130930120153d95.jpg
↑眺めの良いところでコーヒーブレイク

17_201309301203001c7.jpg
↑「竜宮十字路」付近から至仏山を振り返る

18_201309301203572ae.jpg
↑まさに黄金色の草紅葉

19_20130930120517959.jpg
↑尾瀬ヶ原東端の「見晴」地区に到着

26_201309301324313fe.jpg
↑おいしい“弥四郎清水”で喉を潤しました

20_201309301205186c6.jpg
↑「見晴」からは尾瀬ヶ原や至仏山を左に見ながら燧裏林道へ

21_2013093012052047f.jpg
↑燧裏には樹林の中に田代(小湿原)が点在しています

22_20130930120521f7b.jpg
↑横田代

23_20130930120523ff2.jpg
↑傾斜湿原の上田代

24_201309301207477da.jpg
↑今回より実戦装備された「スーパースズメバチジェットミニ

25_20130930120748144.jpg
↑販売終了の生ビールに代わり、缶ビールで「無事下山の乾杯」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。