スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲上の散歩道と池塘に遊ぶ 会津駒ヶ岳 

カテゴリ:山行 東北

 9月21、22日に会津駒ヶ岳に行ってきました。今回の参加はKリーダー、アッキー、ハーリーの3人です。初日は民宿に泊まって温泉でまったり。2日目の早朝に宿を出発して頂上を踏み、同じルートを戻るというコースです。

1オープニング

 1日目は移動だけなので、出発もいつもよりゆっくりめ。普段の出勤時間ぐらいに家を出ます。NHKの「八重の桜」の影響で会津方面行きの電車は混んでそうなので、始発の浅草から東武線に乗車、途中駅でアッキー、Kさんと合流します。電車に揺られること3時間ちょっとで会津高原に到着。さらにバスに1時間ちょっと乗って桧枝岐にたどりつきました。

 午後2時すぎに宿に着いてしまったので、まずは宿の外の温泉巡り。露天風呂があるという燧(ひうち)の湯に向かいます。ここでまず失敗。宿のサンダルを借りて裸足につっかけて出かけたのですが、温泉まで20分ほど歩くうちに足が擦れて皮がめくれてしまいました。自分だけかと思っていたら、後で聞いたらみんな同じ思いをしていたそうです。ここの温泉は硫黄のにおいが少しします。人も少なくてゆったり、まったりできました。

 宿に戻って、部屋でビールで乾杯して宴会に。そして6時ごろに夕食。そんなに量は多くないだろうと思っていたら出るわ出るわ。定番の岩魚の塩焼きや天ぷら、山菜、煮物その他のほかに、まずあったかいおもち(名前忘れました)、岩魚の刺身(!)、しいたけの出汁で味付けしたごはん、裁ちそば・・・。お腹いっぱいになりました。とても全部食べ切れません。部屋に戻るとみんなひっくり返って寝てしまいました。1時間半ほど仮眠した後、布団を敷いて、もう一度お風呂に入りなおして就寝となりました。

2朝

 翌朝は午前4時起床。昨晩のうちに朝食用の弁当を作っておいてもらい、4時45分ごろに出発、歩いて30分足らずで登山口に着きます。まだ暗いのでヘッドランプのお世話になります。東の方向には徐々に朝焼けも見えてきました。登っていくと遠くに雲海から顔を出す山々がみえたり、一部の木々で紅葉が少しだけ始まっていたりと楽しませてくれます。会津駒ヶ岳は登るにしたがって傾斜が緩くなる山。頂上に近づくとなだらかな頂と湿原、池塘(小さな池)が現れ、これがこの山の魅力となっています。

3遠くの山

 途中、池塘のわきのベンチで朝食をとったり、小屋のベンチで休憩したりしながら8時45分ごろに会津駒ヶ岳山頂に到着。山頂は木々に囲まれていて展望はききません。そこから、会津駒の核心部ともいうべき中門岳をめざします。池塘を横目に見ながら、なだらかな尾根にかかる木道を歩くこと30分、少し大きな池と、中門岳の標識。池があるくらいですから、ここがピークではなく、標識には「中門岳(この一帯をいう)」と注意書きが書かれています。30人ほどの団体さんが去った後、静かな環境の中でゆったりまったりコーヒータイムとしました。アッキーが撮った池の写真には見事に青空が映り込んでいました(表紙の写真)。

4尾根

 そこからは来た道をそのまま戻り帰路に。天気はだんだん曇り空となってきましたが、雨に降られることもなく無事に下山。アッキーは足が筋肉痛になって少しつらそうでしたが、翌日には全快したそうです。午後1時過ぎに宿にデポしておいた着替えなどの荷物を取りに戻り、駒の湯に向かいます。帰りの電車は少し混んでいましたが、ビールで乾杯しながら帰路につきました。
(ハーリー記)

 コース 1日目 会津高原=桧枝岐-宿-燧の湯-宿
     2日目 宿-登山口-駒ヶ岳山頂-中門岳-駒ヶ岳山頂-登山口-宿-駒の湯-バス停=会津高原


今回はアッキーにも寄稿してもらいました

こんにちは。
今回久々に泊まりの山行に参加しました。
前泊というのは初めてでしたが、1週間の疲れをある程度リセットした後に登山!というのも、なかなかのものでした。初日に温泉に山人料理などなど楽しみ、お腹がはち切れんばかりに(笑)。。
翌日は4:45頃出発!
真っ暗闇の中、登山口にて、きれいな朝焼けを観ながら、いざ、会津駒ヶ岳!
あまりキツくないと聞いてはいましたが、最初の急登に汗かき。
でも気持ちよかったです。
登るごとに視界も開けて、駒の小屋から中門岳の道のりは、まさに雲上の散歩道でした♪

お天気にも恵まれ、歩きごたえもありました。
もう一息というところで、何だか足が痛くなりましたが・
何とか無事に下山でき、駒の湯につかり、激しい運転の会津バスにのり、電車に揺られて心地よく帰宅中です(^_^)        
(アッキー記、帰りの車中で)


おまけ Kリーダーの名言録

Kリーダーが登山中の水場でこんなことを言っていました。
「人の幸せというのは、愛される、ほめられる、役に立つ、必要とされること」。
これを聞いてアッキーは「4つの頭文字をとって、”Kのあほやひ”と覚えましょう」と言っていました。
5入口
↑登山口。まだ暗いです

5のつぎ
↑頂上まであと5.3キロメートル

6朝焼け
↑きれいな朝焼け

7木々
↑今日は晴天

8紅葉
↑一部で紅葉も

9道標
↑こんな道標があちこちに

10雲海 (1)
↑雲海に浮かぶ山々

11樹木
↑何の実かな

12野イチゴ
↑これは野イチゴ

13ちとう
↑頂にでるとこんな池塘があちこちに

14山頂
↑会津駒ヶ岳山頂

15地等反射
↑池塘に反射する太陽

16中門
↑池塘のほとりでゆったりまったり

17最後
↑お疲れさまでした
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。