FC2ブログ

ちいさい秋みつけた 

カテゴリ:山行 富士山周辺

1
↑“ちいさい秋”を見つけました

 まことに遅ればせながら、“祝 世界文化遺産登録”記念山行(個人的)として「クリアな富士山を観に行こう」と、「明日は乾燥した晴天になるでしょう」という天気予報を信じて(真に受けて^_^;)、8月の末に一人(単独行)で山へ出かけました。
 日頃の運動不足がたたり、前々日に登った尾瀬至仏山の疲れがまだ残っていたため、極力お手軽なルートで、かつ、できるだけ間近から富士山を眺めたいという条件からチョイスした山は、山梨県の「紅葉台~三湖台~足和田山」でした。

2
↑ススキがそよぐ三湖台から眺める青木ヶ原の樹海 奥には本栖湖

 紅葉シーズンには多くのハイカーで賑わう人気のルートですが、夏の終わりのこの時期は(ウイークデーということもあり)、歩いている人の姿をほとんど見かけず、静かな山歩きが楽しめました。
 登山道はまだ木々の緑が濃く、尾瀬ヶ原のような秋の気配はあまり感じませんでしたが、それでも山の尾根ではススキの穂が風に揺れ、かなり先走って(笑)紅葉した落ち葉などもあり、秋の足音が微かに聞こえました。
 お目当ての富士山は、富士急行線の車内からはまだ綺麗に見えていたのですが、登り始めた頃には山頂部が白い雲に覆われ、紅葉台に着いた頃には裾野の方まで隠れてしまい、間近からその秀麗な姿を拝むことが出来ず、「クリアな富士山を眺める」という本山行の目的を果たすことは残念ながら叶いませんでした。

 JIN記

 ↓続きに写真が少しあります
3
↑「富士山駅」に着いた頃には、まだ富士山が見えていました

4
↑まだまだ緑が濃く鮮やかでした

5
↑紅葉台に着いた頃には、富士山は隠れてしまいました

6
↑三湖台でも残念ながら富士山は姿を現しませんでした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)