スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山から下り」たときのためにちょっと偵察――箱根湯寮 

カテゴリ:山から下りて入る温泉

箱根湯本の日帰り温泉「箱根湯寮」(13年3月オープン)に行って来ました。ヤマニテで箱根の山の帰りに以前よく行った「ひめしゃらの湯」が衣替えした施設です。閉園したベゴニア園の分のスペースも使って、かなり広くなっています。

湯寮(400x299) (1)
 ↑箱根湯寮入り口

お風呂はひめしゃらのころのものをそのまま生かしつつ、露天風呂が広くなり、サウナもできていました。湯の質は前と変わらないようです。循環・消毒なしの源泉掛け流しを期待する方には、ここは向きません。

全体の雰囲気はなかなか洗練されていました。古民家風、がコンセプトのようで、鍬や蓑など農具・民具がさりげなく(わざとらしく?)置いてあったり、トウモロコシが軒に吊り下げてあったり、スイカやトマト、キュウリが桶で冷やしてあったり…。全館に薪を燃やしたような匂いが漂っています。

湯寮(400x299) (2)
 ↑“さりげなく”? 吊り下げてあるトウモロコシ

寝転がれる休憩室やマッサージ室などもあって、なかなかくつろげる雰囲気。時間が合わなくて聞けなかったけど、ジャズの生演奏などもやってるようです。

私は入浴料1300円はちと高いかな、と思いましたが、感じ方は人それぞれ。満足してリピートする方も多そうです。湯本駅から近く、無料送迎バスもあるので便利です。

今回は利用しませんでしたが、ここの本当の売りは19ある貸し切り個室風呂のようです。そちらは別料金。機会があれば今度また…。

はせ

ビール(400x299)
 ↑湯上りの一杯は炉端焼きの店「囲炉裏茶寮・八里」で
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。