FC2ブログ

雨と霧とソフトクリームと…男女9人夏物語@筑波山  

カテゴリ:山行 常陸

日本の3000m峰全山を踏破し、北アルプスも南アルプスもほぼ登りつくしたS山リーダーが、意外にも筑波山は未踏だったようです。今回彼の提唱した計画に、私も含め8人が名乗りを上げ、総勢9人のにぎやかな山行となりました。

20120722筑波巨木
 ↑これは下りの道の巨木たち

つくば駅からバス(1番乗り場)でつつじが丘へ。約50分。ふもとでは曇り空だったのですが、登山口のつつじが丘はあいにくの雨。カッパをそれぞれ身につけて登りにかかりました。

筑波山は女体山と男体山の二つのピークからなる双耳峰です。

女体山の山頂に着くころには雨は上がっていましたが、岩が滑りやすく、ちょっと緊張しました。

御幸が原の茶店で豚汁やラーメンを頼んで、それぞれ持参のおにぎりなどを食べました。豚汁は、どうやらレトルトを温めただけの代物だったらしく、ネギだけが新鮮! と、食べた人は言っていました。私はラーメン700円を注文。日高屋や幸楽苑の中華そばをちょっとまずくしたような味ですが、まあ、想定内でした。

食後にソフトクリーム。400円。甘すぎずさっぱりしていて、その割に濃厚な味、と好評でした。S山さんが夕張メロンのようなオレンジ色の果肉のメロンを持参してきていて、均等に切り分けて食べました。これもうまかった~。

はなこさんが、牛肉の佃煮を作って持ってきていて、これがビールを飲みたくなる味付けと塩加減。思わず缶ビールを買ってしまいました(私だけ) 。

男体山をピストンで登ってから、筑波山神社の方に向けて下山にかかります。霧に包まれ幻想的な巨樹・巨木の森。歴史と風格を感じさせます。

登ってくる人、追い抜いて下って行く人たちのうち、カップル比率の高いこと。山ガールがカレシを連れてくるようになった、ということでしょうか。初心者が登りやすい山だから、というのもあるかもしれません。中には手をつないで下りて行く人たちもいました。却って危ないと思うんですけど…。

考えてみれば、今回9人の我がパーティーのうち、私とヒロミおじさん以外は独身の男女でした。男女9人夏物語!(古い! しかも私ら2人も数に入れてる)。

この夏、何かが起こる? …かな?

はせ

スポンサーサイト

コメント

Re: 雨と霧とソフトクリームと…男女9人夏物語@筑波山 

いつもながら、はせさんの記事には笑わせてもらいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)