FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下界の暑さをよそに、山頂の肌寒さ。ヒグラシの寂寥感――大山 

カテゴリ:山行 大山

どうも!「はせ」です!

7月23日、大山に登りました。

断っておきますが、わがヤマニテは、この夏すでに八ヶ岳や、南アルプス・鳳凰三山や、塩見~北岳やに登ってる人たちが主流で、私のように丹沢周辺でうろうろしているのは傍流です。ブログに反映されないだけです。

さてこの日、山頂は風が吹いていたせいか半袖だと寒いくらいでした。

1ooyama
↑山頂付近からの富士山

おおやま3jpeg (1)
↑寒暖計が指している気温は18度

おおやま5jpeg (1)
↑ホタルブクロ

おおやま5jpeg (2)
↑山頂のアンテナ群

おおやま3jpeg (2)
↑下山路のイタツミ尾根方面

ヤビツ峠からイタツミ尾根半ばまではヒグラシがうるさいくらい鳴いていました。これから夏本番だというのに、寂寥感…。

下りの途中でポツポツ雨が降ってきましたが、雨具を出すほどではありませんでした。

今年7回目の大山でした。

はせ

コース=自宅→(車)→ヤビツ峠8:35→大山山頂9:50~11:00→ヤビツ峠12:00→(車)→自宅

スポンサーサイト

暑い時期の平日なのに、登ってくる人いるんですね――8月の大山 

カテゴリ:山行 大山

大山に登ってきました。もっと早く家を出れば涼しく快適に登れたのでしょうが、いつものことながらもたもたしているうちについ遅くなり、気温はぐんぐん高くなっていきました。

暑い8月の平日なのに、登って来る人はそこそこいました。ヤビツ峠の駐車場には私の車を入れて2台。それに原付バイク1台。伊勢原側の表参道経由で登ってくる人が多いんですね。

今回も展望は駄目でしたが、ヤマユリが登山道わきに咲いていてきれいでした。

はせ

2013.8.8
7:20ー大山山頂8:30~9:20ーヤビツ峠10:20

8月の大山1
↑ヤビツ峠の登り口。ここが出発点です

8月の大山2
↑木々が直射日光を防いでくれるので助かります。それでも暑いですが…

8月の大山3
↑ヤマユリがきれいに咲いていました

8月の大山4
↑おなじみご神木、雨降りの木です

8月の大山5
↑今回は2段に重ねてみました

8月の大山6
↑下りの途中で。平たんな道にホッ


暑い! けど山の楽しさを満喫しました――7月の大山 

カテゴリ:山行 大山

7月の大山です。イタツミ尾根を単独で往復。

暑い。熱中症になりそうな暑さ。山に入ったら涼風が吹き抜けて快適、…などということはなく、山の中もやはり暑い~!

でも山の楽しさを久しぶりに堪能した思いでした。

はせ

2013.7.13
ヤビツ峠9:30ー大山山頂10:45~11:10ーヤビツ峠12:20

7月の大山1
↑雨降りの木さん、こんにちは

7月の大山2
↑登山者が多いですからねえ。山が荒れます

7月の大山3
↑狛犬さん、またまたごめんなさい

7月の大山4
↑今日はマルちゃんヌードル「しょうゆ」です

7月の大山5
↑今回も展望は利きません。夏場はどうもだめですね

7月の大山6
↑緑が濃いです

7月の大山7
↑ここまで下りてくればホッ。急な登り下りも平坦な道もあって、イタツミ尾根は短いながらなかなか変化に富んでいます





風がひんやり気持ちよく、快適に登れました。山頂は大にぎわい――6月の大山 

カテゴリ:山行 大山

ちょっと古い話で恐縮ですが…。

毎月登っている恒例の大山。いつものようにヤビツ峠からイタツミ尾根往復の最短コースをひとりで登ってきました。

ヤビツ峠から上は風がひんやり気持ちよく、快適に登れました。家族連れやカップル、山ガールふたり連れ…など登山者が多く、山頂はあふれんばかりの人、人、人…でした。

曇ってて展望は駄目でした。すぐ近くの表尾根さえうっすらとしか見えませんでした。

はせ

6月の大山1
↑この辺がイタツミ尾根の中間地点

6月の大山2
↑曇ってて展望は駄目。表尾根もこんな感じです

6月の大山3
↑山頂のご神木のブナ「雨降りの木」です

6月の大山4
↑ハイキングのベストシーズンだからでしょうか。山頂はすごい人の数でした

6月の大山5
↑カップめんを身代わりに記念撮影

6月の大山6
↑奥の院の狛犬の礎石に「新橋 石工 長右エ門」と彫ってありました。「安永七年六月吉日」これは1778年。江戸中期でしょうか

6月の大山7
↑狛犬さん、いつもごめんなさい

6月の大山8


6月の大山9
↑ツツジが花盛りでした

6月大山10
↑ここまで下りてくればヤビツ峠はすぐそこです



しばらく来ないうちに山頂も新緑で萌えていました――5月の大山 

カテゴリ:山行 大山

5月の大山です。

頂上のご神木「雨降りの木」も緑が芽吹き、しばらく来ないうちに山頂周辺もすっかり春になっていました。

平日なのにたくさん登って来ていました。老人だけでなく山ガールも多くいました。イタツミ尾根はそうでもなかったのですが、表参道に合流してからが特ににぎやかでした。

登山道わきは紫のスミレや名前を知らない黄色い花が群れをなして咲いていました。展望は霞んでイマイチ。富士山は雲の中。表尾根が見えてるくらいでした。

はせ

5月大山1 (400x299)
↑ミミガタテンナンショウ、かな?

5月大山2 (400x299)
↑この黄色い花はなんという名なのでしょう。後で調べようと思って、まだ調べていません

5月大山3 (400x299)
↑タチツボスミレ? スミレの種類はたくさんあって分かりません

5月大山4 (400x299)
↑ヒノキの林。1か月前なら花粉でハックション!の場面です

5月大山5 (400x299)
↑展望はこんな感じ。いまいちです

5月大山6 (400x299)
↑鳥居をくぐれば山頂の一角です

5月大山7 (400x299)
↑ご神木が新緑ですがすがしく萌えていました

5月大山8 (400x299)
↑ベンチが改修され、新しくなっていました

5月大山9 (400x299)
↑今回はタニタ食堂のカレーヌードル

5月大山10 (400x299)
↑また乗っけちゃいました。

5月大山11 (400x299)
↑今回トレッキングシューズを新調。おろしたてのピカピカで登ってきました

【タイム】2013.5.16 単独
ヤビツ峠10:20-山頂11:30~12:40-ヤビツ峠1:40


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。