スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグルー泊雪山登山、やってみたい!――米山悟「冒険登山のすすめ: 最低限の装備で自然を楽しむ 」 

カテゴリ:本の紹介

読みました。

「冒険登山のすすめ: 最低限の装備で自然を楽しむ 」(米山悟著、ちくまプリマー新書)

51QK2Grbl3L[1]

本書の前半は一般的な山登りの魅力の解説と案内ですが、後半、焚き火やイグルー作り、山スキーなど一歩進んだ冒険登山のガイドに。

登山道や道標が整備された山は公園と同じ。そこから一歩踏み出そう、と著者は言います。沢、岩、雪山の世界ですね。

特に雪山でのイグルー作りについてはかなりページを割いて詳しく解説しています。
イグルーの長所を著者はこう述べています。

「豪雪でつぶされるテントのように深夜の雪かきの必要がありません。中は雪洞のように暗くなく、ほどよい明るさです。ブロックの隙間に適度に穴があいているので、テントや雪洞のように酸欠の心配もなく、雪洞特有の湿気も溜まりません」

それでいて、雪洞と同じく気温が0度くらいと暖かいといいますから、いいことづくめですね。

コツはテントを持っていかないこと、と著者。うまく作れなければテントを使えばいいや、という退路を絶って、真剣勝負で作成に臨むこと、と。

なるほど。ぜひ実践してみたいものですが、でも、勇気がいるな〜。

ほかにも野糞のすすめ、無雪期は地下足袋で、など興味深い内容が。

著者はNHKのカメラマン。在籍した北大山岳部は、シゴキのない民主的な気風で、バイオニア精神にあふれた部だったそうです。

ナイフやノコギリ、スコップなど、お薦めのブランドも含めた購入ガイドも参考になりました。

(はせ)
スポンサーサイト

意外や硬派な冒険の記録――宮城公博「外道クライマー」 

カテゴリ:本の紹介

読みました。

「外道クライマー」(宮城公博著、集英社インターナショナル刊)

16105833_1240744842680350_2358411641522211728_n[1]

「山の嫌われ者」「登山界の異端児」を自認する「沢ヤ」の宮城公博氏。この本を読むまで全く知りませんでした。

巻末の角幡唯介氏の「解説」によると、著者は自らのブログで〈セクシー登山部〉の舐め太郎を名乗る、怪し〜い人物なのだそうです。

だから、どんなお下劣な内容なのかとワクワク、じゃなかったドギマギしながら読み始めたのですが、意外や硬派な冒険の記録でした(ときどきお下品な表現が交じりますが)。

「タイのジャングル46日間沢登り」とか「台湾最強の渓谷チャーカンシーのゴルジュ遡行」「称名廊下ゴルジュ突破」「称名滝厳冬期初登攀」など。

いずれも命がいくつあっても足りなそうな冒険の数々。

宮城氏は数年前、那智の滝を直登して逮捕された3人のうちの1人だそうです(そういえばそんな報道がありましたね)。その事件で彼は7年勤めた福祉施設を辞めることになったのだそうです。

報道だけを読むと、なんて罰当たりで人騒がせな…と思うのですが、登った本人の視点で語られると、そこに未登の滝があってパイオニアワークを求める先鋭的な沢ヤがいれば、登って当然でしょ、となります。

「サバイバル登山」の 服部文祥や「空白の 五マイル…」の角幡唯介もそうですが、こういう私などには決してできないとんがった冒険の話、実に面白いです。

しかもこの人、表現力が豊か。自然の描写や冒険の中身の語りもさることながら、心の揺れや葛藤、パートナーとの軋轢を含めた内面のドラマも。なかなか読ませます。

(はせ)


秋の気配を探して西丹沢へ――檜洞丸 

カテゴリ:山行 丹沢

9月10日、私とヤマさんと私の次女の3人で西丹沢・檜洞丸へ。

登っている間はかなり汗をかきましたが、山頂は暑くも寒くもなく快適でした。時々ガスって、幻想的な雰囲気でした。

高校生のグループ十数人と前になり後ろになりして登ったのですが、このグループ、山頂で長崎皿うどんを作ってました。おいしそう! 今度私もやってみようかな。

下山後はいつもの中川温泉ぶなの湯で汗を流し、秦野に戻ってイタリアバル風居酒屋で「反省会」。

充実した一日でした。


DSCF2062 (400x300)
タマゴタケ。こんな色ですが、食べられます。

DSCF2084 (400x300)
トリカブト。きれいです。

DSCF2080 (400x300)
イチゴ?

DSCF2065 (400x300)
急登のハシゴ場。この辺が核心部です。

DSCF2078 (400x300)
木道に来たら山頂はあとちょっと。

DSCF2090 (400x300)
山頂のベンチ。アセビの機に覆われて座りづらい!

写真 (400x300)
山頂の道標の前でパチリ。

DSCF2100 (400x300)
下り。急坂です。

DSCF2111 (400x300)
ゴーラ沢出合の渡渉。ここまでくれば山旅も終わりに近いです。

はせ
(今回、16回目の檜洞丸でした)

自然教室9:05―ゴーラ沢9:50―展望園地10:45~10:50―山頂12:05~13:05―展望園地14:05―自然教室15:30

北岳を舞台にテロリストとの死闘――樋口明雄「ブロッケンの悪魔 南アルプス山岳救助隊K-9」 

カテゴリ:本の紹介

読みました。

「ブロッケンの悪魔 南アルプス山岳救助隊K-9」(樋口明雄著、角川春樹事務所刊)

burokkenn.jpg

シリーズ3作目ですが、山岳救助が主体のこれまでのお話と打って変わってハードなテロリストとの戦い。山岳冒険小説といった趣です。

広河原につながる北沢峠、夜叉神峠、奈良田からの三つの林道がそれぞれ何者かによって爆破され、北岳周辺が孤立。折から台風接近中でヘリも飛ばせません。

北岳山荘に従業員を人質にして立てこもったテロリストたち。化学兵器VXガスを搭載したミサイルによる首都圏への攻撃を材料に、ある要求を政府に突きつけます。

安保法制(戦争法)成立でテロの危険が増した日本。でもテロリストはアルカイダでもISでもなく、現役・予備役の自衛隊員たちでした。

93年のPKOカンボジア派遣と11年の福島原発事故で仲間が殉職した事実が秘匿され闇から闇に葬られたことに怒り、その事実の公表を求めて決起したのでした。

政府は自衛隊の初の治安出動を決めます。

アメリカの顔色ばかり見て安保法制を強行した張本人である「田辺首相」は自己保身しか考えない木偶の坊。

首相を痛烈に批判する伊庭内閣危機管理監は、もっと人命を考えない冷血漢で、人質を見捨ててもテロリストを殲滅すべしと主張。

現場(広河原)から記者が送った記事は特定秘密保護法の壁(と政権に癒着した上からの圧力)で陽の目を見ません。

出動したオスプレイは追い風に煽られセットリング・ウイズ・パワー現象(ボルテックス・リング・ステート)で揚力を失い不安定な飛行を余儀なくされます(自衛隊にオスプレイが配備されたあとの設定なので、これは近未来ということになるのでしょうか)。

主人公であるはずの山岳救助隊員たち(白根御池小屋常駐)は、相手が武装集団だということで待機を命じられ、なすすべもないのですが、最後の最後で目を見張る大活躍(やっぱりね)。

一番の大奮闘は何といっても北岳山荘スタッフの「松戸くん」。テロリストたちの目をかいくぐって情報を下界に送ります。

松戸は何度も銃撃を受けながら死なない(!)。背中に数発の弾がめり込んでもまだ生きている(しかも動いて活躍する)って一体…。

小さな嘘(北岳に山岳救助犬を配備した救助隊が常駐という設定とか)が気になってしまう私ですが、こういう大きなフィクションの前にはそれもいつしか気にならなくなっていました。

手に汗を握るスリリングなお話。久々に電車を乗りすごしてしまいました。

(はせ)

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」(平山秀幸監督) 

カテゴリ:山の映画

いま上映中の映画「エヴェレスト 神々の山嶺」(平山秀幸監督、夢枕獏原作)を見ました。

山仲間が「良かった」と薦めてくれたので映画館に足を運ぶ気になったのですが、

うーん、私的にはイマイチでした。

だいたい森田勝がモデルと思われる主人公、羽生丈二(阿部寛)が超人過ぎ。そんなやつおらんやろ!

その彼を追うカメラマン深町誠(岡田准一)、無謀。あんな軽装でエベレストに登ろうだなんて。そもそもベースキャンプに向かう時点で荷物が少な過ぎ。奥多摩行くんじゃないんだから。

嘘はもう少し上手についてくれなきゃ、その世界に入れないですよね。

装備やウエアが全部「モンベル」やモンベルのブランド「ゼロポイント」だし(ま、それはいいんですが、ちょっと鼻につく感じが)。

原作はそれなりに面白く読んだ記憶があるのですが…。

佐々木蔵之介演じる「長谷渉」(羽生の元ライバル)は原作では「長谷常雄」だったような。「長谷川恒雄」から拝借したのがあからさま過ぎて修正したのかな。

はせ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。